FC2ブログ

プロフィール

Amy

Author:Amy
東京郊外に棲息するA型の♀
自分に優しく他人にメチャ厳しい
一女一男の良きママ・・・のつもり!
あっ! そうそう、再婚してそこそこ平穏に暮らしてます(・・?

銀行で明るく窓口に出ているつもりですが・・・寄せる歳の波には逆らえず、字が見えな~い!焦るとミスする!と日々奮闘中!!


FC2プロフ


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク


月別アーカイブ


FC2カウンター


200804211506000_convert_20080421155023.jpg

この子、よしこ と言います。
私の宝物です。 元は娘のでしたが・・・娘には違うクマがいるのでもらいました^^

そもそも・・・よしこ とは、このクマをプレゼントしてくれた人の名前。
今から8年前に亡くなった私の上司です。

私、今の職場に以前にも娘が産まれる2ヶ月前まで働いていました。
つまり、子どもが出来るまで働いていたところに子育てひと段落したので復帰したわけ。

復帰するきっかけは・・・この よしこ
ある日、子どもがこの よしこ と遊んでいた。 普段は棚の上にあって遊ばれることなかったのに。
なんで、よしこ いるの? と娘に聞いたら、棚から落ちてきたから仲間に入れてあげた♪ と。
ふ~ん・・・よしこ はママがお世話になったステキな女性の課長さんからもらったのよ、と話してた。

そして、2日後、その彼女が亡くなったと連絡があったのです。
以前から体調悪い人だったのですが、亡くなったなんて・・・驚きました。
次の日、お通夜へ行き、懐かしい顔ぶれに会いました。
そして、また仕事したら?と誘われて復帰したのですが・・・。

復帰したその支店には彼女は居なくて・・・初日は涙が出ました。
今はもう過去の人になってしまって、彼女を知る人は私だけです。
昔の書類に彼女の名前があると、懐かしさでいっぱい。

彼女は子どもが出来なくて、仕事に専念していたそう。
私の妊娠をとても喜んで、産まれたときも一番に飛んで来た。
休みの日に赤ちゃんと遊びたいとやって来て、その時にくれたのが よしこ

仕事をしたいなぁ~と思いつつ、なかなか行動を起こせなかった私。
おかげで勢いつけて復帰できました。
そして、もうベテランになりました。

よしこは今でも私の枕元にいます。
仕事の日は必ず、よしこにご挨拶。今日も無事でありますように・・・。

だから・・・娘はクマが好きなのですよ^^



スポンサーサイト



春うらら

めでたい入学式から一週間!  ・・・ん? まだだ。
まぁ、そろそろ一週間!  
緊張の毎日だろうねぇ~ お子ちゃまたちは・・・

息子の入学式
今まで学区外の小学校だったので、正当な(って言うのか?)中学校へ行くことにした。
野球チームの友達が何人いるけど、やはり不安だよね
春休み中はずっと○○中学へ行きたい。。。と嘆いていた。
入学式当日もテンション下げたまま出かけた。 おまけに嵐のような天候が不安を大きくする
あぁ~やっぱり義務教育は学区外のままが良かったのかなぁ~なんて私も思ってしまった。
でも、入場行進の時、チームの先輩が声を掛けてくれた。
名前呼ばれたときも、退場の時も同じく歓迎の声をあげてくれた(・・・謎)
そうしたら息子の顔も笑顔いっぱいになった
ホッとしたよ~! 地元のチームに入っておいて良かったよん

そして、翌日は娘の入学式
スポーツの盛んな私立高校に入学しました。
体育会系の先輩がいっぱい~と同時に先生も体育会系だからでデカイ
式典も市民会館で生徒もビッシリ! さすが高校、13組まである
娘がどこにいるのかもわからず、知らない人の話が延々と続き私は爆睡
娘は緊張のあまり、具合悪くなり途中退場していたのだそうだ。
でも、爆睡の母はそんなこと知~~らない

そして、そこで娘はバスケ部が無い!と聞いてきた。
エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜そんなぁ~!!!
大ショックを受ける母 当人は“んじゃ、ダンスでもやろっかなぁ”なんてノンキ
ところが・・・バスケ部はあった
あ~~~良かった。  ごっそり部員が卒業してしまったみたいだけど、結構強いチームらしい。
具合悪くした時に介抱してくれた保健室の先生、変なこと言わないで下さいっ

ってなわけで・・・
無事にスタートした新学期
このスタート地点に立つまでいろいろあったけど、二人とも学校が超ーーー楽しいらしい
そりゃあ~良かった良かった
何と言っても、今までの通称から本名での入学である。
息子、娘、私、お父さんの名前がやっとこさ同じになったのよ~ん

その記念ってわけじゃないけど・・・
この度、中学の役員引き受けてしまいました。。。
なんと! 今まで1度もやったことの無いPTAに足突っ込みました。。。ま、楽しみまっせ~

yosakura-2r.gif


息子の野球の話
この度、めでたく中学へ行く。 部活があるよね^^
息子は少年野球チームに入っているけど、どうも部活との両立は出来ないとのこと。
そりゃそうだって思う。
で、息子はどうするのか・・・? だ。

私と夫は部活を選んだら? と勧めてる。
Because・・・親が楽だから
いやいや、子どもが真剣に野球チームを続けたいのなら協力しないでもないんだけど・・・
いまひとつ、野球チームの在り方がわからない。

1年の終わりに納会があるわけだけど、そこで皆勤賞の表彰がある。
あぁ~~とっても迷惑な賞だ
うちはもう初っ端から沖縄行きで脱落である。
皆勤賞・・・そりゃあ結構! 土日は必ず野球って相当の努力が必要だ。本人も家族も。
私は無理だなぁ~ ってことは息子にも出来ないなぁ~ ^^;

チームプレイであるからには団結必要 毎週一緒に練習するって大切なのだろう。
でも、野球、野球、野球って野球尽くめの日々って私には出来ない。
家族のイベントやお出かけって無いの? この人たち・・・?って思ってしまう。
小学校までは親の協力も有りだと思うけど、中学へ行ったら自分たちで・・・というのが私の考え。
ってことは・・・部活なんだよね^^

4月末には決めなきゃいけない。
本人は部活で野球やるよ・・・と言ってるけど、これは本人に任せるしかない。
コーチから息子がチームを辞めそうだと察したようでもったいないとのお言葉をいただいた。
有難いことです。 入部して1年で今がちょうど力を発揮し始めたところらしい。
ま、メンバー減らさないようにってことなのかもしれないけどさ^^

休日の朝早くにバット持ってヘルメットかぶって出かけて行く姿。
夕日の中、チャリで帰宅する姿。
その時間になるとあちらこちらから野球少年のチャリがひとつのグラウンドへ向かって走って行く様子はホント、微笑ましい
一日の練習が終わって泥だらけになってチャリを漕ぐ姿は勇ましい
なんだか青春してるよなぁ~~ってつくづく思う。

やっぱり、野球って野球バカにならなきゃダメなんだろうなぁ~と思うのでした。。。
野球命って人がいたらゴメンなさい・・・
( 我が家にも居ます・・・野球大好き人間が・・・娘と私の父が )



D60_a3171.jpg
 守礼門
ってなわけで・・・沖縄へ行ったのはもう2週間も前のこと。
楽しいことってホント、過ぎるのが早い
3月に入ってからの多忙な日々で疲れきった私を沖縄は暖かく(時期的にあちらはもう初夏。半そででも十分。)迎えてくれたのでした。 
大人になって初めてツアーというものに参加した私。
なんだかo(*^ー^*)oワクワク の反面、自由が少なくて((((` -))))イライラ (マジ、勝手なオンナだ!)

初めの観光先、『ひめゆりの塔』で、娘の同級生親子を発見! 
Σ(゚口゚; ゲッ!! なぜかコソコソ逃げる母娘
違う中学だし男の子なので付き合いなかったけど、なんと言ってもこんなところで近所の人と社交辞令的な会話を交わすのは絶対にイヤだ
チェックするとツアーは違うようだ。 (;≧∇≦) =3 ホッ  
それ以降、バスツアーの重なる場所へ行くたびにチェックを欠かさない母娘であった

本部

2泊3日の旅行中、真ん中の日はあいにくの雨模様だったけど、まぁ観光に支障なく楽しめました
上の写真は1泊目のホテルの部屋からの眺め。
リゾートホテルなので周りには何も無い!
街が大好きな母娘は・・・夕食後、食べ過ぎたからジョギングに・・・と言いつつ「ジャスコ→24時間営業」って看板を頼りに走る、走る
でも、走っても走ってもジャスコは無い! 仕方なくポツンとあったドラッグストアで買い物。
しかし、所持金1500円也 淋しく計算しながらお菓子を買う。
そして、帰り道。。。振り返ると違う方向に賑やかな看板が・・・
どうも目指す方向を間違えたようだ。 でも、もう金もなければ体力もない。。。諦めてホテルに戻り寝た。
水族館

やっぱ、沖縄って言ったら「マンタ」でしょー!
ってことで沖縄美ら海水族館でジンベイザメやマンタやその他諸々の魚を観る。
私達の目は・・・美味しそうか不味そうかってことのみで同行した両親に夢が無いと叱られる。(この歳になってまで・・・いやぁお恥ずかしい)

すご~い駆け足での観光は追われるようでただでさえ疲れてたのに、ますます疲れてしまった感ありますが・・・今回の主旨である卒業旅行には良かったと思います。
この季節の沖縄訪問も初めてだったので、新鮮ではありましたが・・・やっぱり海に浸かりたかった
(~Q~;) あっちぃ~~~って沖縄が一番だねっ!やっぱ!
2日目の宿泊は那覇だったので、これまた母娘は夜遅くまで街をウロつきスーパーへ行って山のように食材を買い、この食材はみんなへのお土産となったのです。
息子は道中、DSゲームに夢中になることもありましたが、ツアーの中で1つ年上の野球少年と友達になり、最後まで仲良くやってました。

そして、帰路の飛行機で・・・
またもや娘の同級生と遭遇。 同じ飛行機で、さらに3列前 
彼を見ると現実に引き戻されるって感じで・・・今回の旅行の唯一悔やまれる点なのでした。


卒業式

卒業


遅ればせながら卒業式のことを。。。(#^.^#)
息子は小学校を、娘は中学校をこの度無事に卒業しました。
2人のイベントが重なったこの日、息子の式には最後の一瞬だけ参加。
でも、卒業写真には入れたのでめでたし、めでたし

娘の卒業式は義務教育最後とあって感無量でした
いろんなことが思い出されて涙、涙、涙
そして、娘の気持ちを思うとまたもや涙

私は一貫校だったので小学校から中学校、中学校から高校へと進む際、友達と別れるってことがありませんでした。常にまわりは一緒。 いつも同じメンバー。 
考えてみれば・・・超ーーーつまらない
でも、娘たちはそれぞれバラバラの高校へ行くのです。
それって、すごい期待もあるでしょうけど、不安はその一回りも大きいのだろうな。
なんだか泣けてくるのです。 でも、私なんかよりずっと大人感覚の15歳の春ですよね、きっと
髪の毛が見事に立っている男の子が泣いていたり、いつも強気な女の子が号泣しているのを見て可愛いなっ、やっぱりまだ中学生と思ったりもしました。

卒業式の受付で保護者は自分の子どもからの手紙が渡されました。
「今日、無事に卒業することができました。今までありがとう・・・」 との決まり文句。それでもホロリと来ます。次には「これからはお弁当よろしく!私はだてまきが大好きです!」・・・・・・・・・・・・・・・・・。
何?これ・・・   照れなのでしょうね^^ 大目に見ましょう(。-`ω´-)

それからは『卒業』と称してのイベント続き。
当日の昼は女の子だけでお祝いのお好み焼きへ。夜はクラスの打ち上げで「牛角」へ。
その後、友達が我が家に泊まりオールで語る・・・と言いつつお疲れのため早寝
翌日は街へお出かけ、ゲームしたりプリクラとったり。そのまた翌日はTDLへ。
その翌日は沖縄へ
まぁ~こちらの方が目の回る日々でした
でも、めでたいことだもんね♪
すべて大目に見ましょう(⌒▽⌒;;;;;

 | BLOG TOP |