FC2ブログ

プロフィール

Amy

Author:Amy
東京郊外に棲息するA型の♀
自分に優しく他人にメチャ厳しい
一女一男の良きママ・・・のつもり!
あっ! そうそう、再婚してそこそこ平穏に暮らしてます(・・?

銀行で明るく窓口に出ているつもりですが・・・寄せる歳の波には逆らえず、字が見えな~い!焦るとミスする!と日々奮闘中!!


FC2プロフ


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク


月別アーカイブ


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさに青春!

またまたお子さまの話題です^^

可愛い~息子(爆)はご存知の通り、地域の野球チームにちょこっと在籍したあと中学の野球部へ入部。
地域チームでは新米だったので、当然ながら試合に参戦した機会も超少ないわけです。
ひたすら基本の練習に打ち込み、そろそろ使えそうって時に辞めてしまった。
まぁ、いろいろな事情から部活へ変更したのですが・・・私の思惑も多く入っていて、これで良かったのかなぁ~?と思い悩む部分もありました。 (今だから公言するけど・・・^^;)

そして、先日、練習試合がありました。
部活は2年生多数のわりには1年生3人という・・・来年どうなのよっ??ってチーム。
なんだかバシバシ勝ち進む地域チームと違って、こちらは物足りない (ノ_・。)
でも、息子には合っているんだろうなぁ・・・きっと。超ーーエンジョイしてるもん♪
1試合目は息子も出て同点だったらしい。(アタシは見たかったのにぃ!客が来て行けなかった!)
2試合目は息子は下がり応援・・・と思いきや、ベンチ内の子達はまったく観客状態。遊んでしまったり、まったくなっちゃいない!(`m´#)
そんなだからズルズル点とられて負けて行く、、、あぁ、悲しい

もう諦めの最終回。 「最後だから、投げてみる?」と先生が息子に言っている。
いざとなるとモジ男の息子はモジモジ・・・(情けなっ、、、)
投げなさいよ!ちゃんと返事しなさいよ!の私の声に反応して「投げたいです!」
で、初登板! ・・・なんじゃないのかな?私が見たのは初めて☆
その結果は・・・・・私は野球音痴なのでわからない。でも、打たれなかったのに、ただただ守備のエラーで負けたんだそうだ(笑)

・・・・・・・・・・・・と、ここまでが長い前置き (⌒▽⌒;;;;;
その日、隣にある小学校では息子が入っていた地域チームが練習していたのです。
途中、フェンス越しにお互い、声掛けていた。 息子も時々、お隣を眺めていた。
彼は何を思っているのかなぁ? 未練あるのかなぁ? なんて、余計な心配してしまう私。

ちょうど息子がマウンドに立ったとき、お隣の練習が終わり、子ども達がチャリに乗って帰るところだった。
昔の仲間は・・・フェンス越しに自転車を止め観客になる。 (遠いので会話まで聞こえない)
そして、投げ終わると私の緊張も解け (やっぱり、練習試合とはいえ母は手に汗であった) 自転車はそれぞれに散って行った。

試合が終わったあと、息子はいつものように友達と遊びました。
その中には地域チームの子もいて、さっき投げてたね!やったね!と言われたそうな・・・。
なんだか、それ聞いて初めて「これで良かったのかも」と思えたのです。

地域チームでは楽しさも厳しさもあったけど、在籍の長い子の集団だった上、学校が違い、何かと疎外感溢れる存在の息子でした。
中学で皆と一緒になり、同級生としても少しづつ打ち解け今は良き仲間に。
チームは違っても、野球を愛する気持ちは一緒なわけで・・・そこは変なこだわりも計算もなくお互い、励まし合っている。 うーん・・・成長しているんだなぁ~と実感!

後日、学校へ行った際、昼休みで外でサッカーしてる息子達を見かけた。
楽しそうに笑顔いっぱいに走り回る姿は可愛かった☆
それぞれチームは違うけど野球が大好きな子達はやっぱり寄せ集まるんだね~と母達は笑いました^^
この友情、大切にして行って欲しいな♪




FC2=2.jpg

コメント

ダ・カーポさんへ…

そうなの、、、いつの間にか追い越されてる。
そして、子どもって超ーークールだから振り向いてくれないんだよね~(泣)
調子の良い時だけ甘えて来て、それ以外はいっぱしの大人のように勘違いしてるお子様たち。
でも、良いんです。甘えて来たときは優しく迎えてあげましょう。
あぁ、、、つか、迎える努力せねば。。。♪~( ̄ε ̄;) 

おおっ!

丁度今、コメ書いてるところじゃん!


ただそれだけだけど。。。

びすたりへ…

びすたり宅も思春期の扉を開けたのでは…?
自分の思春期とは比べようもないほど今は進化しているよ、何もかも。
多分、自分の親もそうだったのだろう。自分と違い過ぎる中・高校生に驚愕!!!な日々です。
子どもはグングン育ち、親離れを実施してるけど、子離れ出来ないでモジモジしている母がここに1人・・・^^;
見守るのって、、、とても難しいと知りました(^_^; アハハ…

YASUくんへ…

文化系には文化系の良さがもちろんあるのでしょうが…私は体育系に入って欲しかった。
やっぱり勝負をして欲しかったし、勝ちの喜び、負けの悔しさを知って欲しかった。
私自身は経験ないけど、スポーツに汗するのって心身ともに良いことだと思う。
今になって自分がそうして来なかったことへは凄ーい後悔をしているんだなぁ
だから、せめて応援して汗しようと頑張る所存でおりまする。。。m(__)m

cucuruさんへ…

∑( ̄[] ̄;)おお~っ!!  目指すは甲子園!…軟弱者の息子には無理っぽいなぁ~残念ながら。゚(゚ノω`゚)゚。
( ̄  ̄) (_ _)うんうん…まったくその通り!
親の成果と満足なのだ。もちろん、子ども本人が一番頑張ってるんだろうが、、、親が如何にヘコたれず練習に行かせるかも重要。それに負けて部活に変更させたのもアタシなんだけどさぁ

あじへいへ…

そーだね。。。団体競技の良さは実体験してないから傍観者としてしかわかってないけど。
確かに、野球はヒーローになれるチャンス多し!ってとこかな?
愚息もマウンドに立った際、皆の目が彼に向けられるわけでスター☆になっていた。そこでビシッと決めるとか、クールに決めるとかしてくれたら良いのに…嬉しさのあまりニコニコしてしまい、実際にはコーチから「笑うなっ!」とお叱りの声あった^^;

 子供は、勝手に考えて大きくなるものですね。子供が追いかけていると感じてる自分から、いつの間にか追い越されて追いかけている自分がいます。
 「もう追いかけない。」逃げ足速いから。でも、走っている姿を見ることはできます。
 そんな、今日この頃です。

親の想像以上にいろんなことを
考えているのが、子供というもの。

だからこそ、もう外野から(親から)
決まったことについて、気を揉むんでも
子供には、プラスにはならないかもね。

自分の都合で決めてしまったことについては
その行く末が、何時までも気にかかるものですが、

再婚も、これも、そしてこれからのことも、
子供に胸をかりることで
親もおおきくなるように
方向転換を図るのが、
思春期の親の転機なのでしょうね。。

おいらも怖いよ^^;

こんばんわ^^ ちょい酔い ペコリ。
運動系のクラブは入っておいてマイナスにはならないね~
文化系も いいのだけれど・・
勝負に勝った。負けたは やっぱり必要ですわ~
ルール・決まりに従い 力を尽くす!
勝つものもいれば 当然 敗者もいるわけで・・
そこから いろんな事を学んでいってもらいたいな^^
ピンポンからテニスに変わって うちの息子も
部活に励んでます! それでいいんです^^

学生生活に 上手に取り入れて
今をがんばってもらいたい・楽しんでもらいたい

ただ・・そう思います。

子供たち頑張ってますね
チームスポーツだと色々と大変だよね
でも、それが大好きな人もいるし
甲子園目指して頑張ってよね~応援するよ♪
今の子供達のスポーツの世界って親達の成果だからね。


パチパチパチ!

いいでしょ、野球って!
野球に限らず、団体競技って素晴らしいと思うよ。
仲間を応援する純粋な姿。
勝った時に分かち合う喜び。
負けた時の悔し涙。

いいよねぇー。

そして野球だけにあるいい所。
どんな下手な子でもバッターボックスに立っている時はその子が中心になれる。それも平等に順番に回ってくる。

ボクちゃん、頑張れ!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amy2005.blog61.fc2.com/tb.php/114-87dad967

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。